--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.09

『いかぺっちゃん』を焼いてみる。

Category: 魚料理
イカ。

026.jpg


軟体動物。
貝類の仲間・・・・であるらしい。全国いか加工協同組合HPより

なんとなく甲殻類と思い込んでました。
理由は。。。。
当時、栄養士を勉強中だった姉がのたまい、
「だって固くないじゃない?」的言葉を発した私に、
平手と怒声とともに言い切ったから、と記憶しています。
まぁ、、、、3つ子の魂的、すりこみですなぁ。。。。

いくつになっても、確認というのは必要ってことで。

さて。
イカアレルギー予備軍の旦那が、釣りたてイカをもらってきました。

では私がメインで頂くとしましょうかw
とイカ刺しを作り、ふと気が向いて、作ったのはこれ。

033.jpg

まぁ、ようは姿焼きというか煎餅というか。

三河あたりでは「いかぺっちゃん」で呼ばれ親しまれてます。
今見たら、焼き方のYoutbeあったわw


粉をつけて、圧力でのし焼きするんですよねぇ。
これで繊維が切れて、食べやすくなるんです。

家庭ではこんな機械なんぞないので。
かわりに鉄のフライパンを2個空焼きにしました。

で、味付けして粉まぶしたイカを挟む。
027_20150609154119e3a.jpg

圧が足りなさそうだったので
オーブンに入れっぱなしのパン用水蒸気器(?)レンガを重石にする。

030_20150609154119211.jpg

で、ひっくり返して再度焼いて、できあがり。

037_20150609154911542.jpg

皮付きで焼いた方が雰囲気出てます。

035_20150609154122b60.jpg

かぶりついてもいいんですが
はさみでチョキチョキして。ぱくっと。

ビールがとっても進君♪

旦那がマヨを欲しがるので、家族全員でつけてみましたが。
娘が「ママ、マヨつけるの、どう?」
「ママは無い方がいいなぁ」
「私もー」

とマヨラー予備軍らしくない答えが返ってきました。

まーねー。
刺身でいける新鮮なイカさんにヤマヒサのこいくち醤油。


と油は九鬼のこいくちごま油。


酒はまっとうな純米酒。

そして片栗粉でカリッと仕上げていれば
他の要素を入れる必要がないってことですなぁ。

久しぶりに我が家でイカ三昧できました♪


スポンサーサイト
Comment:1
2013
10.07

鮭1本!いざ、尋常に勝負!

Category: 魚料理
出会った酒は。。いや、鮭は一本でした。

049_201310071154212c6.jpg

さすがにシーズン。
こんな特設コーナーがあり。

053.jpg

三枚おろしにしてくれる、というので
ありがたく。
骨も、ちゃんとつけてください。というのを忘れずに。
「大抵はいらない、と言われるけど」と魚担当。
一番うまいところを要らないなんて。もったいない。

重くていい鮭だよ。
いくらがたっぷり入ってるよ、という言葉を信じましたが。

056.jpg

計ってみたら、361g。
期待より少なかったわ。
450g位は欲しかったな。

074_201310071204493f5.jpg

翌日はチビ姫の運動会。
頑張ったら、いくらのお寿司にするね、の約束通り
手巻き寿司と鮭のアラ活用。

064.jpg

いくらは醤油と塩の2種類。

他のネタはカツオのタタキ。

069.jpg

軽く塩を振って一夜干しにした鮭のハラミは脂がのってジューシィ。

079_20131007120451350.jpg

色気のないこのアラ汁は
やはり一度塩ふって干したのを軽くあぶってから
大根・生姜スライス・ネギと水から静かに炊いて。
白みそを溶かしました。

このアラ汁。
煮汁の澄んでたこと!!

062_201310071154354f1.jpg

灰汁もほとんど出なかった。
干し効果か、炙り効果か。

お料理ってホントに奥が深い。


身切って、骨を使った料理に舌鼓。

…って、あれ?
まだ身を全然食べてないわ。。。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村





Comment:4
2013
09.19

秋刀魚を味わう。

Category: 魚料理
多分、私は魚の中で青魚、と言われるものが一番好きな気がします。

なので秋の秋刀魚には目がありませぬ。

002_20130919105831a0b.jpg


こんな風に食卓に出したのは
旦那とチビ姫のいるお昼に
ご飯を炊くのが面倒だったからw

それでも麺のつゆは直前に引いてるので
どっちが手間がかかってるかというと。。。こっちかもw

004_20130919105833632.jpg


チビ姫分は背骨とった半身です。
もう半身は骨と肝付で私の分w

肝好きでなければ、キツイメニューかもしれません。


036_201309191058350f2.jpg


1尾を三枚おろしにして
塩を振り1晩。
千鳥酢を振って1晩。

そうして酢飯を握って半身分を「握り」にしたら
半分以上、チビ姫にたべられた。
(その日、別メニューでご飯を食べていたのだが)

と、言うか、
普通の〆鯖とか〆秋刀魚食べないのにねぇ。。。

041_20130919105838f56.jpg


もう半身を次の日の一人ランチ用に押し寿司にして置いておいたら
それも食べる!ととられそうになったので
一生懸命確保して(笑)
翌日のランチにしたけど、やっぱり半身じゃ量が少なかった。

今年の秋刀魚の漁獲高はどうなのかなぁ。
まだまだ美味しい食べ方が沢山あるので
沢山試してみたいもんです。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村



Comment:0
2013
06.12

イサキの刺身展開

Category: 魚料理
旦那から釣果をおすそ分けしてもらえると連絡があった。

イサキである。
白身の、たん白な味のお魚。
ちと独特の匂いがある。
あの臭さはやだなぁ、と思っていると
同僚の元板前さんが、あとは最終調理するだけにしてくれた。

022.jpg

がっつり氷水で洗ってくれたらしいイサキは
臭みがなく、それはそれで面白くないような気もする。
一口頬張ってみると
こりゃ、わさびと醤油というより
ポン酢の合う身だ。
薄切りよりも、ちと厚く切ろう。
でもなんとなくそぎ切りw


ということで。
元から刺身はほとんど食べない旦那がお礼写メを撮ったら
和風カルパッチョを作る。

027.jpg

自家製ポン酢と甘味を追加するのにアガペーシロップを加え
酸味が欲しくて酢を足した。
そして胡麻をねじり散らす。

ちょっと時間がたったあたりで食べたチビ姫。
大皿の刺身をそっちのけで、こればかりを食べるので
追加して盛り付ける。

これはこれで美味しかったのだけど
私的にはやっぱり、さっぱりと食べたい身であるな、と
きゅうりとミョウガを梅酢で小一時間ほど漬けたものと和える。

029.jpg


やっぱ、これだよ。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村



Comment:0
2012
12.16

弾むイクラ

Category: 魚料理   Tags:魚卵
ご無沙汰です。

今日でチビ姫の園のお仕事が一応の一区切りを迎え。
ほっとしつつ
なんとなく溜めていた写真を整理してたら
今年最後に仕込んだイクラが出てきました。

イクラ。

自分で仕込むようになって、もうずいぶん経ちますが。
最初のころは今の金額がうそのようなお値段で仕入れてました。

一腹500円だったこともあるかな。

今では100gで500円くらいですよねぇ。
高いときは800円近くしてる。

それでも出来上がったものを買うより
自分で仕込んだほうが随分安いし。
シンプルな素材で作れますな。


1002.jpg


ということで。
今年は300円台で見つけたら、即GET!
な調子で仕込んでました。

小分けして冷凍しておくので、多少買いすぎても大丈夫。
何より、うちはイクララヴァがおりますので
出せば出しただけ空になるし。

写真のこれはそんな調子で11月に仕込んだイクラ。

プリップリに光って筋子からはみ出していたこれを見て
宝石のようだなー、と思う半分。
もしかしたら、皮が硬くなってるかな?と思う半分で仕込んでみました。

翌日、出来上がったイクラを箸でつまもうとし。

つるん、とすべると。

テーブルの上でぽーん、と跳ねました。

あわててまた箸でつまもうとすると
またつるん、と滑って。

ぽーん、ぽーん、ぽーん。

「きゃー、いくらさぁーん」と
キャッキャとはしゃぐチビ姫の箸が滑って
また

ぽーん、ぽーん。

椅子から降りて、イクラ探しをはじめる
3人家族。
(何しろ踏んだら大変だ)

何ごとか。
まるで昔話の民話のような様子でした。

ツヤッツヤの出来だけど。
毎回お伽噺やるのも、どうかねぇ・・・。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村



Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。