--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
01.22

2016 お節料理

めちゃくちゃ今更感がありますが。

2016年のおせち料理をupしておきます。


073.jpg


一の重 紅白なます-白大根×紅芯大根 昆布だし+柚子果汁+塩
    酢蓮根-昆布だし+穀物酢+塩
    田つくり-醤油+黒ゴマ
    昆布巻き-日高昆布+牛蒡+醤油+酒
    黒豆-北海道産小粒w +グラニュー糖
    かまぼこ-購入品。ガチ粉はコチニールと紅麹色素だけ

二の重 だし巻き卵-1番だし+本返し
    海老-1番だし+本返し
    つくね-猪豚ソーセージのあまり+塩とスパイス
    猪豚叉焼-前の叉焼ダレと紹興酒どぼどぼ。

三の重 煮しめ
    里芋-昆布だし+塩+酒
    蓮根+椎茸-一番だし+塩+醤油
    筍+人参-蓮根椎茸の炊き汁+醤油

二の重の肉は「あったから入れた」というだけwww
手綱こんにゃく作れなかったのが残念。

砂糖使ったのは黒豆だけ。
ビール飲みながら作ってたから、もろ私の好みになりました。
どうせ、お節は人気がないので私が食べれるようにしないとね♪

今年は旦那の出勤の当たり年。
年末は31日のみ休みで1日も勤務。
本来なら元旦はのんびり起きて、家族そろって挨拶と
お屠蘇を頂いて、お節をつついて。

といたしたいところですが
真夜中に氏神さんの振る舞い目当てで初詣+鐘つきに行った旦那と娘が途中ではぐれて帰ってきたりと
年明け1時間もしないのにてんやわんやして、2時過ぎにようやく寝た後の
旦那は初出勤。

当然朝は急いで行かなくちゃいけない旦那。
睡眠をとらなくちゃいけない年の娘。
酒が残ってて、いまいちしゃっきりしないけど、朝ご飯の用意に起きる私、と
元旦からいいのか、これで。と思う年明けになりました。

076.jpg

相変わらず「少しだけ作る」といってるのに、結構な品数。

061_20160122105103520.jpg

今回の発見。
黒豆は甘くしなくても美味しいね。

お節を作る時はたっぷりと出汁を用意しておきます。

一番だしと本返しを合わせておいたのを少し使って
黒豆を浸しました。

これがとてもおいしい。

来年も甘いのだけでなく、煮豆にもしよう♪

甘い黒豆は少しつまんだら、即効で黒豆甘納豆に。
ちょうど甘いものが欲しい時だったようで
旦那とつまみ出したら、即無くなってしまった。
なので写真撮れず。


お煮しめは炊き合わせタイプなので
里芋が結構な量余りました。

その他のと合わせてコロッケに。
黒いのは猪豚レバーカツw

025_20160122105101781.jpg

去年はご縁があって、鹿やら猪やら沢山ジビエを頂戴し
冷蔵庫から野生肉が消える時はないほどでした。

しかも普通手に入らない臓物や、骨系。
お蔵入りになっていた寸胴鍋を引っ張りだし、ミンサーを新調し(壊れたから手動に変えた)
野菜食いを返上しなくちゃいけないくらい、沢山調理しました。

不思議なもので、あまり食べないと言っても調理していると更に疑問やら改善点とかが次から次へ出てくるもので
また手に入ったら頂こうと思っていたりします。

今年はどんな年になるかな。
スポンサーサイト
Comment:2
2015
08.20

2015 夏の料理合宿

恒例の夏山荘に行ってきました。

126.jpg

いつもは子供一人、もしくは女の子は一人だけなのが
今回は仲の良い大盛さん一家のお嬢さん方も一緒なので
ウチの娘は思う存分はっちゃけていて、わらびさんに叱られる一幕も。

最近は料理だけでなく、生ハム原木メンテのミッションもあります。
夏はカビ洗い。

11902542_834291340024394_401912410773034365_n.jpg

去年はduckbill師匠とchiduruさんと私の3人で行ったのですが
今年は名古屋からの生ハム仕込新規メンバーの男性3人でサクサクと進めてくれたので
いつの間にか終わってました^^
ありがとうございまーす♪

お料理は相変わらずすごい量で
食べきれないのも食べ損ねたのも沢山あるので
とりあえず私が作ったものだけでもご紹介。
持込み含む、ですが(一部材料を丸投げしたのもあり)

11921790_836542173132644_6589020818230580716_n.jpg

*メルゲーズ。

ラム肉の辛口ソーセージですね。
以前作っておいたものを茹でて冷凍しておき
焼きなおしました。

ソーセージって、いつも思うけど生のままを焼いた方が美味しいと思います。
添えたマスタードも一応自家製。
評判いいですね、このマスタード。

229.jpg

*アケ貝の酒蒸し。

産直に最近並んでるアケ貝。
どんな味か気になってたんですが量が多いので
持ちこんで、皆でヒトバシラ。
ハマグリに似た。。。と書いてありましたが
もっとしっかりとした歯ごたえと味のある貝です。
韓国ではポピュラーな貝だとか。
なるほど、そっち系の味と相性良さそう。


1日目の夕食のテーマは「屋台」

となれば、私はたこ焼きですな。

11880545_836542716465923_1896852953018009159_n.jpg

大阪の人に言わせると「それはお好みボールや!」と言われる代物ですが
キャベツ・ネギ・紅ショウガたっぷりで作るのが好きです。

11898552_836542879799240_659633853908015204_n.jpg

焼き上がり。
少し種が緩かったので、まとまるのに時間かかりました。

ちなみにおだしは羅臼昆布と混合削り節で濃厚な一番だしを引いて作ってます。
天かすもそのおだしを少し分けて一番搾りの圧搾菜種油で揚げてます。
蛸は真ダコをその場で茹でて。
醤油は丸大豆の桶仕込醤油。
紅ショウガは自家製。
不味くなりようのない材料ですな。

たこ焼きはやはり蛸が命。なのでタコが手に入らなかった場合のことを考えて
キャベツ焼きの用意もしていきました。

11866473_836543119799216_2337523284051555716_n.jpg

1週間塩漬けにした豚ばら肉をスライスして土手を作って目玉焼きを作り
つなぎ程度の小麦粉をまぶして鉄板でじゅわわわわーと。
粉の少ない広島焼きって感じでしょうか。

仕上げにだし王子が持ち込んでいた削り節をたっぷり、、、たっぷり、、、たっぷり。。。

って、山になっとるやん。。。


11898594_836543146465880_2314127601749240481_n.jpg

メルゲーズは焼き鳥屋さんの横で焼いてもらいました。
…この時は鹿とイノシシが焼かれてましたが。

皆さんは他に焼き鳥、肉まん、チヂミや他にも色々と。

2日目ランチ。

ファミリー連れは牧場に、とも思えど。
お盆休み中とあって激混み予想。
石釜やきピザも並んでとっても待つかも、、、と話になり立ち消えに。

でもどうしよう!?子供達に「お昼はピザよ」って話しちゃった!!!!

そうなれば作るしかないってことで
急遽ピザの準備!

たまたまいとまゆさんレシピを持っていたのが私だったので
何故か私が指揮をしてピザ作り。
(もっともバゲットの女王と一緒に種を作ってたけど)

しかし、いきなりだったのに、色々出てくるのが
さすがの蕨山荘。

ピザ板を始め、ピザスコップ、
トマトソースに各種こだわりチーズ、、、

まずは子供たちのリクエストでマルゲリータ。

142.jpg

生地延ばしてたら四角くなった^^;

11889576_836545379798990_757910186162725412_n.jpg

サラダピザ。

生ハムに花付サラダ。

11896200_1045721192119891_5676952580340775513_n.jpg

オリーブオイルたらーり。

149_20150820110249a19.jpg

オーブンの中でなにかが山に膨れていきます。


共働学舎のチーズを含めた4種のチーズをテンコ盛りにした

11866476_836545419798986_2678064663377501774_n.jpg


クワトロフォルマッジョ♪

11221959_836545503132311_8311777042258460207_n.jpg

黄色いプチトマト入りのマルゲリータ。

11891998_836545449798983_661826914563474821_n.jpg

ショコラ(猫)のしっぽ。。。じゃなかったカビサラミとメルゲーズのピザ。
これ、パプリカの所にアンチョビ欲しかったな。
中心はトマトにモッツアレラチーズをon。

11885367_1045721625453181_1648040715360873923_n.jpg

もうお腹いっぱい、入らない、と言われつつも
生地があるのであるもので焼いた最後ピザ。
生地のばしがここでようやくわかってきたところw

即席バジルソースに先日の焼き鳥、トマト、トウモロコシ、チーズ。

11863208_1045721552119855_9028256317258816410_n.jpg

焼き上がり写真なしw


・・・なことをしていたら、夕飯支度時間になりまして。

2日目のテーマ料理にそのまま突入!!

テーマは「夏カレー!」

私はduckbill師匠と対決予定だった山椒カレーを再び作成。

11902541_836545796465615_674168677727578306_n.jpg

以前はザクロで酸味をだしたけど、今回はタマリンドで。
こっちの方が使いやすいかな。
そしてやはり魚介類と相性いい。

ミントチャトニ。

11873446_836546103132251_7513792217042472211_n.jpg

日本ミント使用。主張が強いw

11904631_1045717728786904_4211718006923938749_n.jpg

ドーサ。

11891179_836546139798914_7573412006217344024_n.jpg

いつものインゲンのトマト煮。
(辛いの食べれないウチの娘用)

11885101_836545256465669_6810365144329279394_n.jpg

ピザ生地の発酵中にチチタケ狩りに行っていて

大量に採れたと喜んでいたら
わらびさんが別口でアカヤマドリをGETしてきてくれました。

11889507_836545689798959_6093110057919668980_n.jpg

緊急ミッション。
これで何を作る?

と言われまして。

アカヤマドリのスパイシーライス。

11892097_836546396465555_4916538510603527198_n.jpg

アカヤマドリは傘裏のひだを取り払って(消化に悪いらしい)刻み
にんにく・ジンブー・カスリメティをテンパリングしてから一緒に炒めて塩。
ジャスミンライスも一緒に炒めて、インドのローリエを加えて炊き込み。
一見ターメリックライスw
でも色付けしてませーん。

アカヤマドリだけだと単調な香りがいい感じにカレーに合いました。

11888112_836546283132233_3017545657479980600_n.jpg

鹿のジャンボン・ブラン。白くないけどw
後ろ足を丸ごと。
しっかり縛ったつもりだったけど、茹でてる途中で足を延ばされました。。。
恐るべし、ジビエの腱力(と言っていいのか?)
ちょっと火入れが甘かったですけど、漫画肉ポーズのお役にたてました♪

私が作ったのはこれだけですが
他にも一人2種類以上のカレーを作ってましたので
(一つは猪を丸投げさせてもらってたし)
テーブルに並びきらない状態でした。

その後はかき氷や花火。
夏の縁日を満喫して、コスプレも1部あり
大笑いの賑やかな山荘の夜が更けていきました。

11905789_836546836465511_7722814727925597726_n.jpg

たっぷり飲んで食べて騒いで。

朝は散歩をして。
その後はやっぱり私は和食の人。
白飯にお味噌汁を基準に頂いて
たっぷりとエネルギーをもらって山荘を後にします。

わらびさん、他参加の皆様。
楽しい時間をありがとうございました!

尚、今回の写真のほとんどは参加者の方の写真をお借りしています。

けいこさん
かず君
快諾ありがとうございましたー!


Comment:4
2015
07.09

フェンネルでいろいろ

そういえば、山荘の草刈りの時、
評判の良かったお料理がもうひとつ。

072.jpg

なんじゃぁ、こりゃあ??

最近お付き合いさせていただいてる
ハーブコーディネーターの方に、とっても立派なフェンネルを頂きました。
もうすごいの。
身長、越えてた!

フローレスフェンネルでしたが
残念なことに、株はもうトウが経ってしまって
花が咲こうとしている状態。
茎は歯が立ちません。

なので、たっぷりの葉っぱを使ったお料理。

まずは相性のよいクリームと魚介でパスタ。

001_2015070916090422d.jpg


それからフェンネル鶏団子のクリーム煮

035_20150709161538a07.jpg

餃子を作ろうかと思ったんですが
皮を作る気力がなかったので

005_20150709160905db4.jpg

ジェノベーゼ。

何しろ大量に出来ましたので
これのほとんどを山荘に持参したんです。
まーったく何に使おう、と決めず。
もしかしたら誰かが「魚持ってきたから、何かお願い料理して」と言った魚があるかも。的。

で。
あったんですね。その魚が。

マグロの尾。

うーん。フェンネルジェノバが合うかしらん?

065_2015070916090610a.jpg

二刀流!!

塩して小麦粉ふって、片面焼いて。
裏返してから上にどーっとジェノバ。

飾り付けにフェンネルの葉だけでなく
お花も。
ラベンダーも♪

069_201507091615406c1.jpg


フェンネルのお花って花火みたいで好き♪

とても質の良いマグロでしたので
おいしくいただきました♪

フェンネルを下さったAさん
魚の提供してくれたCさん

ご馳走様でした♪



Comment:0
2014
08.28

酢橘

生存してますw


久しぶりに記事を書きに来たら、まぁ、
レイアウト変わったんですねぇー・・・

随分長いこと、放置してたのねぇ。しみじみ。。。

この4月にチビ姫がめでたく小学校に入学し
大きくなったもんだ、とやっぱりしみじみ、、、

以来バタバタと過ごしてましたが
相変わらずお料理は作っていました。
ホムパや料理合宿も相変わらず参加しています。

ただレシピアップとかしてる時間が無くなって
ましてや食品モニターなんぞもしなくなってました。
よくあるスパイスモニターとかは、、、もらわなくてもうなるほどマニアックな罪庫があるし。
調味料とかは化調入りだとアレルギー反応でるし。
自然そういう情報をみてもスルーすることが多くなったんですが
「酢橘」とみた時に、あ、ちょっと欲しいな。と思ったんですよね。
青果物とかならウェルカム!!

201408 1047

で、運よく当たりました♪

さっそく、作ったのはタコ飯!!

201408 1081

ちょうどTVで「孤独のグルメ」で日間賀島の紹介がされており、
タコの半生干物があるなぁ、と思ってた頃。

201408 1085

酢橘を最後にぎゅ、と絞って頂きます!

おいしい!
でも。・・・うーん。これ、醤油をそれほど主張させない方がよかったな。
といって、再度チャレンジしようにも、もうタコがない。

201408 1072

お次は製氷皿に、ミントと酢橘を入れて凍らせて、と。

201408 1114

グラスに入れて。

201408 1118

果汁とソーダを注ぐ。
夜になったらお酒も注ぐw

201408 1155

麺つゆが引いてあったので
鰆を焼いて素麺。
うーん。この手のは本当は魚のアラでだしをとって作りたい。

これはやっぱり白だし系がいいねー。

201408 1185

酢橘が届いたときにちょうどホムパをすることになってました。
地引網で収穫する「シャコ会」と題して開かれたんですが
蓋を開けてみれば「蟹会」と言っていいくらい蟹だらけの会w
地引網って、色んな魚介が獲れるそうな。

で、その中の蟹を使ってK君が蟹料理。
カレーリーフやら辛みそやら色々入ったアジアチックなお料理に
最後に酢橘をぎゅっと。

うまー♪

小さいものを使ったので、皆殻ごと食べましたとさ。

201408 1209

その会の後半、酔いもたっぷり回って撮った写真なのでブレブレw

蟹の汁でパスタを茹でた
蟹と酢橘のパスタ。
濃ーい!!

これもK君作。ご馳走様♪


140417 015

焼きそばは魚醤で風味付けして
夏野菜をたっぷり。
タイ風。。。になるのかな?

140417 020

スタンダードに櫨のから揚げにトッピング。

201408 1210

今年のmyブーム、稚鮎のコンフィに添えたら
オリーブオイルに香負けした。

140417 032

なので、仕立て直し。
稚鮎がなかったので、キスで。

香の方向性を、酢橘に寄せて。

レシピって、そのテーマに沿って作ると作り甲斐がありますねぇ。
他の方々に受けるかどうかはわかりませんが
自分的には美味しいものを作りました。

モニターという事になると
他のモニターの方々も大体同じようなお料理を作られてるので
作ったものの中で、被らず、また手に入りやすい素材を合わせて。
という事に重点を置いて
2つほど 共催されてる FOODIESさんのサイトにレシピupいたしました。

興味があればご覧くださいませ♪
↓ ↓ ↓
キスの和コンフィ 酢橘ソース

酢橘ミント氷ソーダ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村














楽天レシピ






Comment:2
2014
04.17

亀の手

亀の手。
フジツボの仲間。

スペイン語で「ペルセベス」…
……ん?ペルセフォネ…?
昔、ペルスペスって読み方もあったよね。ギリシャの春の女神様。。。


*** *** ***

春だからか、
韻音に反応して
思考がどっかに飛んじゃいます。

あ、いつもかw

119.jpg

さて。亀の手。
美味しいと聞いてはいたものの食べたことはなく。
近所で普通に売っているのを知ったのは、ごくごく最近。
へんさち(あえて漢字表記せず)の高いN氏によると
海辺の岩やテトラポットによく張りついてるらしいですが
水が綺麗な場所での収穫物でないと食用には向かないとのこと。

佐久島というのは
未だに行ったことはありませんが
水のきれいなことで有名な三河湾の島。

これは食べたいじゃないですか!


ということで、
とある持ち寄りパーティに持込み、
食べたことのある経験者2人に茹でてもらいました。
(10人程度のパーティのうち、
 経験者が二人もいるというww楽しいメンバー達♪)

どんっ♪

249.jpg

うわあぁ。引くわ。この画像。
亀の手というか、象の手というか。鬼の手というか。
放射状に生えてるのねぇ。。。
ん?鬼と言えば地獄(日本)
地獄と言えばハデス(ギリシャ)
ハデスと言えはペルセフォネ。。


251.jpg

食べ方をレクチャーしてもらいます。
爪の辺りを折ると、パキっと簡単に剥けました。

254.jpg

つるん。

262.jpg

怪しすぎる…。

恐る恐る口に含むと
磯の香と海老や貝に似た旨みがどあぁああ!と口の中にほとばしります。

うんまーい!!!

最初は微妙な顔をしていた参加者たちも
一口食べ出すと、あとは止まらない!

259.jpg

チビ姫も食い付きよろしく。
また食べたい!!とその後毎日のようにのたまいます。

亀の手が好物の児童w
幼稚園の時も誕生会で
「好きな食べ物は何ですか?」の質問に
「ナン!」とか「大根!」とか答えたしw
小学校はさすがに誕生会はないだろうけど
もし、何かの時に尋ねられたら
「亀の手!」って言うのかなぁ。
やっぱりどんな大人になるのか、心配だw




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






Comment:6
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。