--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.20

土筆土産

Category: 野へ山へ
今年の初、山菜摘みは娘がもたらしました。

11063616_788037351278031_6774482461921864389_n.jpg

山菜とはいえ、道端に生えてるから摘みやすいというのもあるのだけど。
散歩がてら、友達の家からの帰り道すがら
「あったーっ!!」と言って摘み取ってくる。

チビ姫が、初めて土筆摘み&実食したのは4歳の時だったかも?
苦味があるので、どうせ無理だろうと思いつつ
「ちょっと食べてごらん」と口に入れたら
「おいしい!!」と言い、バクバク。

去年は「いい状態の土筆」というのをレクチャーし
袴をとることも教えたら
今年は自ら「あったから、採ってくる!」と
ハンターになってしまった。

006_20150320163035565.jpg


そうしてさっと調理してあげた土筆を味見して
ほっぺたを抱えて、上を向き、目を細めて
「う~んっ!おいしいぃ~♪」
と悦に浸るのを見ると、子供なのに、こんな味が好きなのかい・・?
と少々疑問符が頭を飛び交ってしまうのだが。

・・・・まぁ、いいか。

よく考えたら私も子供の頃土筆とか蕨とか、大好きだったもんなぁ。

002_20150320163034327.jpg

大抵はさっと湯がいて油炒めをしてお醤油、というのが私のデフォです。
昨日は乾煎りしてみたけど、それも良いみたい。
しゃっきり感を残すのが美味しいね、やっぱり。

012_20150320163037673.jpg
015.jpg

何故だか昨日は学校で何かささやかれたのか
「お手伝いする!」とエプロンしてキッチンに来ました。
旦那が夜勤で、夕飯食べない日だったので軽めのメニュー。
ってことは子ども料理教室が出来るってやつですねぇ。

ハダカイワシの自家製一夜干しとこれも山菜のカツオ菜(いただき物)のお浸し。
白菜を蒸し炒めにして味噌で味をつけ、味噌汁代わりにした椀と。

こういう食事なら食べすぎても、そんなに胃にもたれない。
本当は毎日こうがいいんだろうなぁ。。。。


スポンサーサイト
Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。