FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
11.21

ボラぼら。ボッタルガ。

Category: 魚料理
こんな商品を見つけたのは10月中旬のこと。

ボラ子

をを!ボラ子が卵。白子入って158円!
この店、価値を知っててこの値段なんだろうか?

ボラの卵で作られるカラスミ・・ようはボッタルガは
大変高価がついてるが
腹から取り出しただけではこの金額でいいのか。

白子はあまり食べないのだが、
鍋で食べたら臭みもなく、食べやすいものだった。

ぼら。

以前刺身を食べておいしい!と感動したら
魚に詳しい人に
「臭みがあるし、あの魚が泳いでる環境を見たら食う気がうせるぞ」
なんて言われたことがある。

シャコの生態聞いた時のほうが
食べる気が失せたけど。

卵は片腹がぱっくりと
手の施しようのないほど裂けてたので
煮付けにし、片腹だけを塩漬けにしている。

カラスミ作りを始めてもう4年かな。

そろそろ絶品のものを絞って作りたいものだ。


さて。
と、いうことは、今ボラは卵を持っている時期に違いない。
と、いつものスーパーでボラの丸さかなを見つけた時。
200円なんてお値段もあって、即購入することにした。

下処理をしてくれるというので
皮引きまでお願いし
「子がいたらつけて下さいね」とお願いした。

しかし。子はいなかっった。

・・・・・・・・・残念!

そして再び昨日ボラ丸魚にであったので
同様にお願いした。

ボラ身

・・・やはり、子はいなかった。

いったい最初に見かけたのはなんだったんだろう?
確か以前何かで調べたとき10-12月がシーズンと聞いた気がしたのだが。

このまーるいのはヘソ。

心臓か?それにしては白い。
と思ったら、胃袋の一部らしい。

wikiによると貴重なものらしい。
(以下 抜粋
 厚い筋肉が発達した胃壁も「ボラのへそ」「そろばん玉」などと呼ばれ、ニワトリの砂嚢(砂肝、スナズリ)を柔らかくしたような歯ごたえで珍重される。よく水洗いした上で塩焼きや味噌汁などで食べられる。1匹から1つしか取れないため、これだけが流通することはまずない)


初回の丸ごと買いの時にもつけてもらい焼いたが
「苦い」と旦那の評判悪かった。

今回はこんな風に片身分と刺盛ってみた。

ぼら刺し


ぼら刺し


コリコリとした食感は
苦くもなんともない。

苦いかもよ?とチビ姫に与えたら
恐る恐る口にしたチビ姫。
気に入ったらしい。

もしかしてヘソを含め、
この皿の2/3は彼女が平らげたんじゃないだろうか?

後の半身は塩焼きにする予定。
前回もそれが大層おいしかったのだ。

下魚扱いのボラ。
価値を知ってる店に行くと生卵には1000円前後の値がつく。
しかし本体はほんの200円前後。

丸ごとであれば本体価格に含まれる。

またくじを引く気分で、買うだろうな。
身もおいしいから損はしないものね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。