FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.01

謹賀新年

Category: 雑記
ozenn.jpg


新春、明けましておめでとうございます。

年の瀬はまったく「年末」らしくないなぁ、という気がしましたが
おせち料理の作業はしっかりしていたわけで。

またまた3段お重には入りきらないほど作ってしまいました。
もっとも、小さめの型なんですけどw

覚書を兼ねて、そのうち中身を控えたいと思います。

今回のお話の主役はお雑煮。

zouni.jpg

TVなどで「全国のお雑煮」が紹介されるようになるまでは
お雑煮、というのはこれしかない。と思って暮らしてました。
なので学生の頃、山口県出身の友人宅に冬休みに遊びに行ったら
白味噌に丸餅が入っててびっくりしたw

私の馴染んだお雑煮というのは
澄まし汁に「餅菜」と言われるお正月にしか出回らない菜っ葉と
角餅。
仕上に鰹節をたっぷり。
というのがデフォ。
餅は焼かずに入れるので
煮溶けてどろどろになります。
そして「餅菜」というのの正体は「小松菜」の仲間。
(普段出回ってる小松菜とは微妙に種類が違うらしいけど、よく知らない)
年の瀬だけ「正月支度」で出回ってました。

桜鯛みたいだw

昔の雑煮特集で知ったことですが
こちらの地方は「質素」をテーマにしたお雑煮なんだとかで。
そこら辺、家康公が「質素」を良しとしたからとかなんとか。
でも、名古屋辺りは小松菜だけど
お家元の三河は違う菜っ葉を使うらしいです。はい。

でも江戸時代にさかのぼる大昔は
お餅自体が「ご馳走」だったんですよねぇ。


小さい頃。
このお雑煮を食べるのは元旦でなく
2日目でした。
じゃ、元旦は何を、というと「ぜんざい」
あんこを炊いて、角餅(やっぱり焼かない)を入れたものでした。
しかも、大昔は
三が日は全部ぜんざいで。
白砂糖・黄粗目・黒砂糖、と日替わりで
雑煮は食べてなかったとか。
食べたとして、昼とか、夜。

・・・今じゃ信じられん・・・

自分が竈の主となってからは
好き勝手に、思うところのお料理してます。
新しいものも好奇心をもって取り入れながら
先祖脈来続いてきた伝統も大切に守っていきたい。

真っ当なものを、娘に伝えれるように。

今年も、よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント
明けましておめでとうございます。

今年も眼福・口福な教えを期待してますww
春になったらたぶん、PTAが落ち着くので
もうちょっと食に活動的になれると思います。

最近、陶器のお重ははやってるようで
そこかしこで見かけるようになりました。
でもやっぱり漆のお重があこがれですw

お雑煮、シンプルだけに、腕の見せ所の材料なんですが
家族がしたくしてる間にどろどろになってしまうのが難点な質素雑煮です^^;

caiedot 2013.01.06 23:46 | 編集
明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
最近は、この陶器の御節を見ないと、正月の気分が出ません(笑)。

このお雑煮、知ってました(笑)。
名古屋のお友達から、もち菜の種を頂いて、「餅ともち菜しかはいっていない」って聞いていたのです。
じゃ、やってみようって蒔いたのですが、発芽が悪くて実現しませんでした。(^^;ゞ

今年も宜しくお願いいたします。
duckbilldot 2013.01.06 00:43 | 編集
ありがとうございます。
ちょっと今回は面白いつくり方してます。
caiedot 2013.01.04 13:49 | 編集
お煮染めも美味しそうですね、
ktdot 2013.01.04 01:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。